迷惑な歯ぎしりの原因を特定して治療しよう

周囲で寝ている人に迷惑になりがちな歯ぎしりには、実は三つの種類があります。

それぞれの歯ぎしりによって特徴を分けて治療を進めていかなくてはいけません

まず、上下の歯を横に強くこすり合わせる歯ぎしりでギリギリという音がする場合、周囲に迷惑をかける音はだいたいこのタイプで私もこのタイプでした。

このタイプは、歯の運動範囲が広いので長く続く場合は、歯が全体的に擦れてしまいます。

二つ目が、上下の歯に力を入れて強く噛み締めているタイプで、ほとんど音はしません。

本人はもちろん、周りの人にもバレないことが多いです。

音がないため、歯ぎしりはしていないと誤解されている場合もありますが、顎にかなりの力が入っているので、目を覚ましたとき口を開けにくかったりあごに違和感があったりします。

また、歯に圧力が集中するため欠けていることがあります。

三つめがタッピングです。少しずつ上下の歯がぶつかっているタイプです。上記二つと比較して発生率が少ないので、あまり周知されていない症状だと言えます。

歯ぎしりの原因はストレス!そんな時はサプリメントでリラックス

基本的に、どのタイプであっても歯ぎしりの大きな原因は、ストレスです。

人はストレスを感じたときに無意識のうちに体を揺するなどの行動をします。

歯ぎしりも同様に日中のストレスを発散させる行為と言われています。

どうしても気になる人は、私のように原因を取り除くためにリラックス効果のあるサプリメントなどを利用すれば効果があらわれることもあるでしょう。

サーチ
テーマ
過去の記事
  • このエントリーをはてなブックマークに追加